日本人専用のカジノには注意が必要

最近日本人を狙っているオンラインカジノが多いとされていて、実際に摘発されているところもあります。このようなオンラインカジノの場合は、日本人に大金を使わせようとしているケースが多いことと、運営しているのは日本人であることが多く、明らかにお金をもらいたいと思っているために悪質なところが多く、詐欺に近いことが行われています。

サイバー犯罪

そもそも日本を狙っては行けない

多くのオンラインカジノは、日本を狙ってしまうことは逮捕される可能性があることを知っていますし、摘発されているオンラインカジノが出ていることも知っていますから、日本を狙うようなことはしていません。もし狙っているとしても、運営しているのは日本人ではないようにしていることと、24時間プレイできるようにして問題がないようにしています。
逮捕された人が運営していたところは、オンラインカジノの営業時間を制限したことに加えて、詐欺に近い方法でプレイを行わせて、当たったとしても回収できる回数のほうが多くなり、殆ど利益が出ないように設定していたともされています。このような詐欺に近いプログラムは、使われないと分からない面もあります。

殆どのところは海外のユーザー狙い

世界で行われているオンラインカジノは、やはり日本人だけでなく他の人を狙っていったほうがいいことも多いです。そして狙っている人によって状況が変わってしまうことを考慮すると、やはり海外のユーザーを多く狙って、むしろリスクを軽減している方がいいとされています。大半のところは日本人を狙っているようなことをしていません。
しかし日本のユーザーは引っかかりやすいとされていて、オンラインカジノを運営していると意外と来てくれることが多いです。そのため多くのオンラインカジノでは日本語のサポートを行っていますが、特別日本人を狙っているわけではないことを理解しておくといいです。

小さいところがこうした傾向にある

日本のサポートが充実していて、日本人が写真に写っているような状態になっている場合は、基本的にオンラインカジノとしても問題とされていて、詐欺行為をしているのではと考えてもいいです。
安心してプレイしたいと思っているなら、本当に信頼できるかどうかを調べてからプレイした方がいいですし、小さいところじゃなくて大きなところを利用した方がいいです。詐欺行為の傾向については、ユーザーの考え方1つで帰ることが出来るとも言えます。