日本のパチスロとオンラインカジノのスロットマシンではかなりの違いがあります。プレイする前に知っておくといいでしょう。

スロット

ベット金額が異なっている

スロットを利用すること自体は同じものとなっていますので、大体同じゲームをするものと考えてもいいです。しかし利用する金額は異なっています。オンラインカジノの場合は1ドルからプレイできるスロットが用意されているので、1回の金額は結構大きなものとなっています。一方でパチスロについては、大体が10円に設定されているところが多いので、全てのラインを当てられるようにするなら30円位必要になります。
この金額の違いは大きなものとなっていて、当たった時の金額がオンラインカジノの方が多くなりやすいです。またパチスロの場合はラインが多くなっている傾向にありますので、どうしても大量に入れないと駄目ですが、オンラインカジノの場合は1列しか対応してないスロットもあります。

オンラインカジノは豊富なスロットあり

多様なパチスロを扱っているパチンコ店は少なくなっていています。オンラインカジノの場合はゲームとして提供されているので、色々なプログラムを入れておけば多くのゲームをプレイすることが出来るのですが、パチスロの場合はある程度の台に制限しておかなければならないので、そう簡単に昔の台を保持することはできません。
かなり昔のゲームもオンラインカジノには用意されていて、これは前から利用しているプレイヤーに使いやすいと評判があります。一方でパチスロの場合は最新機種に変わってしまう傾向が非常に多いため、その分だけ最新の台の理解が必要です。

自宅で出来ることが大きなポイント

最大の違いは、パチスロは自宅ではできないことです。台だけは購入することができますが、これはギャンブルとして行っているのではなく、単純に回して遊んでいることになります。
オンラインカジノはネット上に存在しているゲームをプレイしているので、普通に自宅でもプレイできるようになっていて、プレイしやすい環境にあることは間違いありません。これがオンラインカジノとパチスロの最大の違いとなります。