カジ旅はおすすめゲームがたくさんあるオンラインカジノ

カジ旅は公式サイトによると2,000以上のゲームがあるとのことです。

多くのゲームがあるということは、ユーザーにとっては選択肢が多々あることを意味していますので、幅広い楽しさが待っていることを意味しますが、一方でどのゲームを遊べばよいのかという嬉しい悲鳴を上げているユーザーもいるのではないでしょうか。

そこでカジ旅の数あるゲームの中から、いくつかおすすめゲームをご紹介しましょう。

日本人に馴染みやすいスロット「花魁ドリーム」

日本人に馴染みやすいスロット「花魁ドリーム」
ゲーム名からもわかるように、花魁のキャラクターがエスコートするスロットです。
花魁が採用されているので、日本人ユーザーは世界観に溶け込みやすいのではないでしょうか。

ゲームとしては3×3のスロットで、縦長の画面なのでスマートフォンからでも気軽に楽しめます。

そんな花魁ドリームですが、実は一部で大きな注目を集めました。
その理由は、エスコートする花魁さんは、決して静止画ではありません。

ゲームの展開によってアクションするのですが、時にはセクシーショットも見せてくれます。
つまり、ゲームで勝利するモチベーションが利益だけではないのです。

パチスロテイストのある「バトルドワーフ」

パチスロテイストのある「バトルドワーフ」
バトルドワーフはスロットではありますが、日本のパチスロテイストを感じさせることから、日本人ユーザーからの評判の良いスロットです。

ドワーフやゴブリンの絵柄など、中世ファタジーを思わせる世界観の中で繰り広げられるスロットで、ボーナスモードに入る前に用意されているバトルモードにて敵を倒すことでフリースピンとなります。

3×3と比較的シンプルなスロットではありますが、演出面が凝っている点やボーナス時の大きな配当等が話題を集めているゲームです。

大きな配当が魅力の「サンダーストラック2」

大きな配当が魅力の「サンダーストラック2」
5×3の横長スロットは、北欧神話をベースにした世界観となっています。
そんなサンダーストラック2ですが、最大の特徴は「ワイルドストーム」と呼ばれる演出です。

強烈な嵐が鳴り響くと、リールがワイルド化します。

これにより、大きなチャンスが見込めます。
最大40万コイン以上を獲得できるチャンスとなるなど、シックなデザインに似合わない派手なチャンスが待っていますので、より大きな配当を狙う人におすすめのゲームです。

娯楽性の高さも特徴の「ゴールデンチケット」

娯楽性の高さも特徴の「ゴールデンチケット」
5×3のゴールデンチケットは、愉快なサーカスの世界観で繰り広げられる落下式のスロットです。

落下ということで、連鎖のチャンスがあります。
思わぬ形で連鎖が起きることもありますし、連鎖によってリールの裏にある文字を露出させることでボーナスモードに突入します。

連鎖だけでも楽しく、かつ大きな利益を狙えるスロットですが、連鎖を繰り返すことでより大きな魅力を得ることができるボーナスモードに突入するなど、二重の楽しさが待っているスロットです。

シュールな世界観が特徴の「ゴンゾーズクエスト」

シュールな世界観が特徴の「ゴンゾーズクエスト」
主役であるゴンゾーがダンジョンを冒険するというスタンスの落下型スロットです。

5×3、20のペイラインと比較的シンプルな構成ではありますが、連続して当たりを出すとアバランチマルチプレイヤーと呼ばれる、配当が上昇するシステムが採用されていますので、高配当を狙うことも可能です。

感覚で楽しめるスロットとして人気を集めています。

シンプルかつシックだけど高配当を狙える「テンプルタンブル」

6×6のスロットは、一見シックな雰囲気のスロットに見えることでしょう。
しかし、スピンによってリールの表示絵柄が毎回変わりますので、その都度新鮮な気持ちで楽しめます。

また、落下してくるものもあります。
つまり、回転と落下を上手く組み合わせて絵柄を揃えるスロットです。

ちなみに表示されている石板を削ることでボーナスモードに突入し、より大きなチャンスを得ることも可能です。

フリースピンを購入できる「ホワイトラビット」

フリースピンを購入できる「ホワイトラビット」
5×7、中世の童話のような世界観のスロット、ホワイトラビットの最大の特徴はフリースピンを購入できる点にあります。

一般的に、スロットでフリースピンと思ったらゲームの中で絵柄を揃えなければなりませんが、ホワイトラビットはフリースピンを購入できますので、時短としてはもちろんチャンスを集約することができます。

もちろんフリースピン中は配当も高まりますので、より大きなチャンスを狙うことができます。
絵柄を揃えてのフリースピンというプロセスが面倒だと感じているユーザーからの評判の良いスロットです。

カジ旅にはおすすめゲームがたくさんある

カジ旅の中から評判の良いおすすめゲームをいくつか紹介いたしましたが、他にもまだまだたくさんのゲームがあります。

カジ旅には無料デモプレイがありますので、今回紹介したゲームだけではなく、他のゲームもまずは無料で試してみてはいかがでしょうか。

実際に自分自身で試して、自分にマッチするゲームなのかを確認してみるのも良いのではないでしょうか。

エコペイズを詳しく解説!

エコペイズはオンラインカジノを楽しむ際に欠かせないサービスです。

決してオンラインカジノ業者が提供しているサービスではありませんが、それでもオンラインカジノを楽しむ際に不可欠となっているのは、エコペイズの機能が日本人がオンラインカジノを楽しむために必要な環境を整えてくれているからこそです。

その「環境」こそ、エコペイズの特徴です。
そこでエコペイズの特徴について、様々な角度から解説していきましょう。

エコペイズの特徴

エコペイズは近年では電子決済サービスと呼称されていますが、かつては送金サービスと呼ばれていたもので、WEB上にてお金を移動できるサービスです。

エコペイズとオンラインカジノは厳密には無関係です。
先にもお伝えしましたが、オンラインカジノ業者が提供しているのではなく、全く異なる業者が提供するサービスです。

しかし、エコペイズの用意しているサービスを活用することで、日本人でもオンラインカジノを楽しむことが可能になるのです。
その点から、エコペイズの重要度が高まっているのです。

では具体的に、なぜエコペイズが必要とされているのか。
それはオンラインカジノの仕組みや日本人プレイヤーが楽しむための方法と併せて説明すると把握しやすいので、流れを追って説明しましょう。
エコペイズの特徴

オンラインカジノへの入出金にエコペイズが必要

オンラインカジノを楽しむためにエコペイズは不可欠ですが、具体的にはオンラインカジノで遊ぶ際の入出金にてエコペイズが必要になります。

オンラインカジノの魅力の一つに、実際にお金を賭けることができる点が挙げられます。
ゲーム内通貨ではなく、法定通貨をコインに替え、勝負を楽しむことができます。

そして勝利を掴むことで、利益となります。
オンラインカジノは高いペイアウトが特徴なので、国内の他のギャンブルとは比較にならない、大きな利益を獲得できるチャンスがあるのですが、実際に利益を手にするためには、ゲームに勝利することも大切ですが、ゲームにお金を賭けなければなりません。

そのお金ですが、日本の金融機関からオンラインカジノへの入金は、基本的にできません。
これは、日本国内ではギャンブルが法律で禁止されていること等から直接取引ができません。

そこで必要になるのがエコペイズです。
エコペイズは送金サービスだとお伝えしました。
銀行のように、指定口座への送金が可能です。

つまり、エコペイズを活用することで、日本の金融機関 → エコペイズ → オンラインカジノ

という流れで入金が可能になります。

また、逆も然りです。
オンラインカジノで勝利した際に獲得した利益は、出金しなければ手にすることができないのですが、やはりオンラインカジノから日本の金融機関への出金は基本的には行えませんので、ここでもエコペイズを頼ることになります。

先とは逆に、オンラインカジノ → エコペイズ → 日本の金融機関

と送金することでオンラインカジノで得た利益を現金化し、手にすることができるのです。

エコペイズがなければオンラインカジノと日本の金融機関の間に立つサービスがありません。
つまり、オンラインカジノに入金することもできなければ、オンラインカジノから出金することもできません。

この事実からも、エコペイズの存在の大きさが伺えるのではないでしょうか。

エコペイズはイギリスの企業です

エコペイズはイギリスのPSI-Pay Ltdという企業が運営しており、FCAの認可も受けています。
FCAとはイギリス金融行動機構の略で、日本の組織では金融庁に該当すると考えてよいので、日本では銀行、あるいは証券会社に相当する組織だと考えてよいでしょう。

つまり、得体の知れない怪しい企業ではありません。
日本でも金融機関は社会的信頼性が備わっているものですが、イギリスも同様です。

FCAが認可している金融機関であって、決してオンラインカジノ業者が日本人ユーザーのために設立したものではありません。

セキュリティに関しても2段階認証を採用するなど、万全を期しています。
あくまでも、エコペイズに備わっている機能が日本でオンラインカジノを楽しみたいユーザーのニーズにマッチしたものであることから必要とされているのであって、オンラインカジノのグループ企業によって生まれたものではありません。

オンラインカジノ専用サービスではない

エコペイズはイギリスで認可されている企業であり、決してオンラインカジノ専用のサービスではないとお伝えしました。
あくまでも提供している機能の一部が日本からオンラインカジノを楽しみたい日本人ユーザーにとって都合の良いものであることから、日本ではオンラインカジノを楽しむ際の必須サービスとして位置付けられているのですが、決してオンラインカジノだけのサービスではありません。

FCAから認可を受けている金融事業者になりますので入出金、送金等が可能です。
もしもですが、イギリスに行く用事がある場合、エコペイズを開設すればイギリスに足を運んだ際に利用できますので、従来のように空港や金融機関で事前に両替するのではなく、足を運ぶ前にエコペイズに入金し、現地で引き出すといった活用方法も可能です。

エコペイズに対応しているオンラインカジノ紹介

エコペイズはオンラインカジノのために生まれたサービスではなく、あくまでも金融機関の一つであり、用意している機能・サービスがオンラインカジノにも対応しているものです。

そして、オンラインカジノは多数ありますので、残念ながらすべてのオンラインカジノに対応している訳ではありません。
そこで、エコペイズに対応しているオンラインカジノをいくつかご紹介しましょう。

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノといえばオンラインカジノの中でも大手に分類されるほど、規模の大きなものです。
2000以上のゲームが用意されている一方で、日本語サポートも用意されていますので、日本人プレイヤーでも安心して楽しめる環境が整備されています。

ちなみにエコペイズを利用した場合、入出金の手数料は無料、入金所要時間はおよそ1~2分とされています。

カジ旅

RPG要素を付与した、新感覚のゲームが用意されているオンラインカジノです。
従来のオンラインカジノにはない、RPG的要素を付与させたことで、勝つか負けるかだけではなく「どうなるのか」まで楽しめるゲームが多々用意されています。

こちらもおよそ2000以上のゲームが用意されており、かつ日本語サポートも用意されています。
また、アプリではなくブラウザタイプのオンラインカジノになりますので、スマートフォンだけではなく、PCやノートパソコンなどデバイスを問わずに楽しめるタイプのオンラインカジノです。

カジノシークレット

スロット系のゲームが充実していることで知られているオンラインカジノですが、近年は専用のライブスタジオを用意するなどライブカジノにも力を入れています。

こちらも日本語サポートを用意しています。
特に日本語対応のライブチャットもありますので、リアルタイムで日本語にて問い合わせが可能です。

もちろんメールでの問い合わせも日本語にて可能です。

エコペイズのメリット・デメリット

エコペイズのメリット・デメリット
エコペイズにはメリットもあればデメリットもあります。
まだまだ「海外のサービス」という点で不安に思っている方も多いことでしょう。
そこでエコペイズのメリット・デメリットをそれぞれ客観的にお伝えすることで、エコペイズがどのようなサービスを提供しているのか、改めて理解を深めてみてはいかがでしょうか。

エコペイズのメリット

まずはエコペイズのメリットの紹介です。

日本語対応・サポート

エコペイズはイギリスのFCAから認可を受けているとお伝えしました。
行政から認可を受けている点は信用できるとしても、実際に自らで利用するとなれば言葉の壁もあって不安だという人も多いことでしょう。

しかし、エコペイズは日本もサービス提供地域になりますので、エコペイズの公式サイトにアクセスすると、日本語にて表記されます。
外国のサービスだと感じないほど、自然な日本語にて特徴が紹介されているだけではなく、サポートも日本語に対応しています。

エコペイズにはメールとライブチャットの二種類のサポートが用意されており、残念ながらライブチャットに関しては日本語非対応ではあるものの、メールは日本語に対応していますので、不明な点があれば日本語での問い合わせが可能です。

24時間好きな時にメールを出せますし、ライブチャットは他の利用者私大では待ち時間が発生してしまいますが、メールであれば好きな時に質問を送信し相手からの返信を待つことになりますので、日常生活に支障を来しません。

このように、海外のサービスではあっても特に言葉の壁を感じることなく使用できる点はエコペイズのメリットだと考えてよいでしょう。

スマホでも使用可能

スマホでも使用可能
エコペイズはPCからだけではなく、日本の金融機関同様、アプリも用意されています。
もちろんアプリも日本語に対応している点にくわえ、PC同様の機能が用意されていますので、アプリから手軽に入出金が可能です。

もちろんアプリはエコペイズが公式に用意しているものですし、ダウンロード無料で使用できますので、安心して利用できますし、もしもですがスマホアプリに何らかのトラブルが生じた際には、先にお伝えしたように日本語にてサポートを行っていますので、日本語にて問い合わせが可能です。

対応しているオンラインカジノが多い

エコペイズは電子決済サービスの一つです。
お伝えしているように、オンラインカジノ専用のサービスではなく、用意されている機能がオンラインカジノにマッチしているものですが、電子決済サービスはエコペイズだけではありません。

他にもオンラインカジノで利用できる電子決済サービスは多々あるのですが、エコペイズならではなメリットとして対応しているオンラインカジノが多い点が挙げられます。

先に紹介したベラジョンカジノやカジ旅、カジノシークレットなど日本人プレイヤーの多いオンラインカジノはもちろんですが、他にも多くのオンラインカジノに対応していますので、エコペイズに登録することで、多くのオンラインカジノでの入出金が可能になります。

オンラインカジノによって対応している電子決済サービス・送金サービスは異なりますので、オンラインカジノで遊ぶ際には、どの送金サービスに対応しているかもチェックしておかなければなりませんが、エコペイズが利用可能なオンラインカジノは多いです。

つまり、エコペイズに登録することで遊べるようになるオンラインカジノが多々あることを意味しています。

エコペイズのデメリット

メリットもあればデメリットもあるものです。
双方を理解し、特性を把握して利用するか否かを決めることが大切になりますので、デメリットに関しても把握しておきましょう。

手数料がかかる

エコペイズとオンラインカジノのやり取りでは無料の所も多いのですが、エコペイズと国内銀行のやり取りの際には手数料がかかりますので、デメリットに感じる人もいるかもしれません。

しかし、日本国内の金融機関での送金でも手数料がかかることを考えると、手数料はある意味では最低限の使用料ですし、詳しくは後述しますがエコペイズが用意している「VIP」と呼ばれるランクがアップすることで手数料も安くなります。

金融機関を利用する以上は手数料は必須ではありますが、できる限りオンラインカジノの軍資金以外の部分でお金をかけたくない人にとっては、手数料がかかる点はデメリットだと感じてしまうことでしょう。

しかし、裏を返せば手数料がオンラインカジノを利用するための料金だと考えることもできます。
エコペイズを利用しなければ日本人プレイヤーにとってはオンラインカジノはハードルの高いサービスとなってしまいますので、手数料に関しても、使用料だと考えると、決してデメリットにはならないとの考え方もあります。

アカウント6か月以上取引がない場合手数料が引かれる

エコペイズは口座開設費、維持費ともに無料です。
この点は日本の金融機関と変わらない部分ですが、6か月以上取引が無く放置状態となってしまった場合、維持費を徴収されます。

維持費は一か月1.5ユーロ、日本円にするとおよそ200円程度と少額ですし、口座に残高がない場合には徴収されることはありません。

しかし、残高がある場合、残高が0円になるまで徴収が続きます。
そのため、エコペイズを使用しないなと思ったら、放置ではなく解約するか、あるいは口座残高を0円にする必要があります。

ある程度お金が入っている状態で使用しなくなった場合、口座が減り続けます。ちなみに再度取引を行うとカウントがリセットされますので、使う予定はないものの、維持費をかけたくないのであれば半年に一度程度は何らかの形でエコペイズにて入出金を行う必要があります。

対応している入出金方法が頻繁に変更され書類の再度提出と求められる

エコペイズでは対応している入出金方法が頻繁に変更されます。
これはEUの社会情勢もありますし、新規サービスへの対応、あるいは対応していたサービスの取りやめなど様々な理由があるのですが、その都度書類の再提出を求められます。

この点が面倒だとの声があるのも事実です。しかし、「書類」は紙ではなく、本人確認証を撮影したデータで問題ありません。

先にもお伝えしましたが、エコペイズはイギリスの業者になります。
そのため、イギリスまで紙面を送らなければならないのか…と思う人もいるかもしれませんが、実際にはそのようなことはありません。

申し込み時に使用した本人確認証を撮影した画像データで問題ありません。
つまり、一度撮影した画像データを保存しておけば、最提出もさほど大きな負担にはならないとの声もあります。

スマホアプリで気軽に資金管理可能!

エコペイズはスマホアプリも用意されているとお伝えしました。
そのため、他のスマホアプリ同様、スマートフォンからの操作が可能です。
オンラインカジノ口座への入出金だけではなく、資産管理等も可能です。

エコペイズの手数料について

デメリットの項目でも少し触れましたが、エコペイズには手数料がかかります。
口座開設は無料ですが、入金、出金では費用が掛かりますので、どれだけの費用がかかるのか、も把握しておきましょう。

入出金の手数料

銀行からの送金とクレジットカードの二種類の入金方法を用意しているエコペイズでは、それぞれ手数料が異なります。
まずは入金の手数料です。

銀行送金:0~10%
クレジットカード:1.69~6%

手数料が規定値ではなく、幅を持っているのは国や地域によってオプションが異なるからです。
そして出金が下記になります。

銀行送金:5.9~10ユーロ

こちらも国や地域によってオプションが異なるので幅があるのですが、VIPレベルによっては2.9~7ユーロとなります。

ランク毎にさらに詳しく見てみましょう。
例えば銀行振り込み。
こちらは全て5%になるのですが、ランクによって換金手数料が変わります。

SILVER:2.99%
GOLD:1.49%
PLATINUM:1.49%
VIP:1.25%

このような違いがあります。
パーセンテージになりますので、大金であればあるほど、手数料は高くなりますが、ハイランクであれば手数料の利率としてはお得になる計算です。

エコペイズの手数料を左右するVIPについて

エコペイズの手数料を左右するVIPについて
エコペイズの手数料はVIPランクによって変わりますが、下記の5つのランクが用意されています。

CLASSIC
SILVER
Gold
platinum
VIP

こちらは下に進むほどVIPランクが高くなります。
ちなみにアカウント開設時はCLASSICですが、CLASSICの場合、入出金の額が少ないので、オンラインカジノの入出金での利用は少々不便ですし、そもそも銀行への送金ができません。

SILVER以降のランクとなれば、1日の送金上限が撤廃されると共に、銀行への送金も可能になります。そんなSILVERへのランクは本人確認のみです。

アカウントを作成し、2段階認証の設定、メールアドレスの認証、本人確認を行うことでランクアップとなります。
SILVER以降に関しては利用料金によって変わりますが、SILVERまでであれば無料で誰もがランクアップ可能です。

手数料のためにVIPランクを上げる必要はあるのか

これらを踏まえると、エコペイズではまずはSILVERを目指すことになりますが、SILVER以降のVIPランクは利用料金次第となりますので急いで上げる必要性はありませんが、SILVERにしなければオンラインカジノをスムーズに遊ぶための機能が解放されませんので、エコペイズを開設した後、まずはSILVERを目指しましょう。

ランドカジノと違う要素のオンラインカジノのブラックジャック

ブラックジャックといえばトランプゲームの定番としてプレイされることも多く、わざわざルールを覚える必要もないという方もいます。

しかし、それはランドカジノだけの話であり、オンラインカジノはより自由度の高いゲーム要素が加わった別のゲームといっても過言ではないブラックジャックも存在します。

今回は、オンラインカジノのブラックジャックとはどんなものかについて解説し、まとめました。

これを読めばきっとオンラインカジノのブラックジャックに違和感なくプレイできるでしょう。

ランドカジノと同じブラックジャックも存在する

ランドカジノと同じブラックジャックも存在する
ランドカジノと同じルールのブラックジャックも確かにオンラインカジノには存在します。

それは、シンプルなビデオゲームのブラックジャックとリアルさを追求したライブカジノのブラックジャックです。

シンプルなビデオゲームのブラックジャックは、一般的なランドカジノと同じルールでプレイされているゲームになります。

オンラインカジノのルールがシンプルになっているので、分かりやすいのが特徴です。

さらに実際にゲームスピードが調整できたり、考える時間が与えられていたりといった配慮がされているので、自分のペースでプレイできるようになっているのも魅力です。

また、ビデオゲームなので、スマホゲームやゲーム機でのプレイに慣れている方には親しみやすいのも特徴といえるでしょう。

そして、このタイプは、それほど違和感なくプレイできます。

次にリアルさを追求したタイプがライブカジノです。

これは実際にカジノ風の施設で撮影したライブ動画で実際にカジノをプレイするといったタイプになります。

ランドカジノの雰囲気をそのままオンラインカジノに持ち込んだブラックジャックで、リズムも実際のカジノそのものです。

そのため、気後れするとゲームに取り残されてしまうこともあります。

ただ、ルールはシンプルなブラックジャックなので、デモゲームでビデオゲーム方式のシンプルなブラックジャックで練習すれば違和感なくプレイできるでしょう。

このタイプはデモゲームが用意されていないので、ある程度基礎的なルールの理解をしてからプレイすることをおすすめします。

オンラインカジノならではのブラックジャックとは

オンラインカジノならではのブラックジャックとは
次にオンラインカジノならではのブラックジャックを紹介します。

それは、カード枚数が違う、ルールが違う、複数のハンドで遊べるといったタイプがよく見られます。

カード枚数が違うブラックジャックは、通常何セットか混ぜられたブラックジャックでプレイするのに対し、1セットのみでプレイするといったブラックジャックです。

これは、通常のトランプと同じ枚数なので、ディーラーが持っているカードは決して出ることがありません。

例えば、通常のブラックジャックであればディーラーの手元にハートのAがあってもこちらで同じものが引ける可能性が出てきます。

しかし、このタイプは決して出ることがないのです。

ルールが違うブラックジャックもオンラインカジノにはあります。

例えば、通常は1枚しか見られないディーラーのハンドを2枚とも最初から見ることができるといったものです。

これは一見勝てそうなイメージがありますが、実際にプレイしてみるとカードの出方などが調整されているせいか、通常のブラックジャックと同じ程度の難易度です。

複数のハンドで遊べるのもオンラインカジノのブラックジャックの魅力です。

これは1人で複数のプレイヤーを担当できるので、片方で負けていても他の場所で勝てば、負けた分を取り返せます。

オンラインカジノではゲームによって5ハンドというものも存在しています。

このような特徴を持っているのがオンラインカジノのブラックジャックです。

オンラインカジノのブラックジャックの注意点も紹介

オンラインカジノのブラックジャックの注意点も紹介
オンラインカジノのブラックジャックをプレイするうえで、注意すべきポイントもあります。

それは、ゲームのルールが違う、ベーシックストラテジーが若干決まりにくいといった点です。

先ほども触れたとおり、オンラインカジノのブラックジャックはルールが若干異なるものも存在します。

地味な通常タイプのブラックジャックが退屈だから、グラフィカルなゲームをプレイしたら、ルールが違うブラックジャックだったということも珍しくありません。

こういったデメリットもあるので、あらかじめどんなルールで提供されているブラックジャックなのかをしっかりチェックしておきましょう。

次にベーシックストラテジーが若干決まりにくいといった点です。

確かに有効なブラックジャックのベーシックストラテジーですが、オンラインカジノ側も完全攻略されないように工夫されています。

そのため、ベーシックストラテジーでもかなり勝てるパターンになっていたとしても負けることがあるのです。

そう言ったリスクもあるので、ベーシックストラテジーに頼りすぎず、難しい判断を迫られたときは、自分の感覚を信じることも重要と言えます。

このようにランドカジノや普段のトランプゲームのノリでオンラインカジノのブラックジャックをプレイすると違和感が発生することも珍しくありません。

そう言った意味でオンラインカジノを理解してプレイするようにしましょう。

ベラジョンカジノはギャンブル依存症になりにくいって本当?

オンラインカジノの中でも、日本人ユーザーが多いのがベラジョンカジノになります。

オンラインカジノといえばベラジョンカジノという人もいるほどの認識の広さと、日本人専用のVIPシステムや日本語サポートなども充実しているので、初心者でも楽しくプレイできるのも人気につながっています。

ベラジョンカジノは健全な運営を目指していることを公言しており、ギャンブル依存症に対しても真摯に向き合っているオンラインカジノになります。

ベラジョンカジノで出来るギャンブル依存症対策とは?

ベラジョンカジノで出来るギャンブル依存症対策とは?
ベラジョンカジノではギャンブル依存症対策として、いくつかの制限システムを導入しています。

①オンライン制限
オンライン制限は1度のログインで、何時間までベラジョンカジノで遊べるかなどを設定できます。
例えばこの時間設定を3時間にした場合には、13時にログインしたならば16時には強制シャットダウンされるようになります。

この時間制限は24時間後に解除できるようになるので、一日の制限時間を作りたい人にうれしいシステムになります。

②入金額の設定
1日、1週間、1か月で入金上限を設定できます。
期日内に上限になった場合には、これ以上入金ができないメッセージが表示されて、追加入金はできなくなります。

こちらは使い過ぎ防止として、1週間や1か月で軍資金を事前に入金し、それ以上の入金はできないように利用しているユーザーも多くなっています。
この入金制限は、自分でも解除できますが実際に反映されるまでには7日ほどかかるので、設定する際には、その部分を頭に入れておくことも大事になります。

③ロス制限
ベラジョンカジノの独自システムの一つが、このロスシステムになります。
ロスシステムは設定することで、その金額にロスが達することで、翌日までのプレイができなくなります。
週末ユーザーなどで、導入している人が多いのも特徴になっています。

ロス設定を300ドルにした場合、利益が500ドルで出てロスが300ドルならば問題がないと思いがちですが、この状態でも制限が発動します。

利益が多くてもロスの金額に達した場合には、ログインが遮断され、利益分を利用するということもできなくなります。
利益を増やすことも出ませんが、追加のロスを出すこともないシステムになるので、ヒートアップする人にもおすすめのシステムになっています。

このロス制限も、解除申請をした後反映されるのは7日後になります。

④ログイン制限
ログイン制限は設定した期間内は、プレイできなくなります。
「7日間」「30日間」「6ヶ月」の場合には、その期限が過ぎるまで一切のログインができなくなります。

ベラジョンカジノでは、このほかに「永久ログイン制限」があります。
これは退会処理とも違い、今後どのような理由でもベラジョンカジノにログインできなくなるものです。
虚偽のデータなどで入会した場合にも、データの一致が出た瞬間にログイン制限が発動するようになっており、究極のギャンブル依存症対策になっています。

退会処理との違いとして、退会処理は退会後に内部のデータがすべて消えますが、再度入会することは可能です。
その際にも、以前の入会時の口座や電子決済などを登録しても、何の問題もなく新規ユーザーとして登録されるようになっています。

永久ログイン制限は内部にデータが残ったままなので、虚偽のデータなどで一致点が出た段階で、ログイン制限が実行されます。

海外では日本よりもギャンブル依存症が深刻な問題であり、このような離宮ログイン制限などが存在するようになっています。

ベラジョンカジノは様々なサポートを準備してくれている

ベラジョンカジノは様々なサポートを準備してくれている
このように、ベラジョンカジノはギャンブル依存症対策を組み合わせてカスタムすることで、個人に合ったものとして節度のあるプレイをできるようにしています。

本来はこのような制限などを作らずに、クジレットなどを多く決済させたほうがベラジョンカジノとしては、大きな利益が得られるのですが、制限を準備しているのはギャンブルを楽しんでほしいという部分があるからになります。

ユーザーと一緒に環境を作り上げていくのがベラジョンカジノ

ユーザーと一緒に環境を作り上げていくのがベラジョンカジノ
ベラジョンカジノはユーザーからの意見を多く取り入れており、反映なども早いことでも有名です。
よりギャンブルを気軽に楽しめるように、日本語のサポートはもちろんですが、銀行からの出金なども対応しており、ユーザーの声をしっかりと取り入れてくれています。

2012年設立のオンラインカジノの中でも、老舗にはいりますが常にアップデートと新しいスロットやライブバカラなどを取り入れており、常に最先端を走る大手カジノでもあります。

熱くなりやすい、なかなかやめられないけどオンラインカジノが気になるという人は、ベラジョンカジノの制限システムを組み合わせることで、純粋にギャンブルを楽しむこともできます。
ベラジョンカジノが、日本人になぜ人気なのかも、納得できるシステムといってもいいかもしれません。

オンラインカジノ!アカウント登録可能な年齢制限と注意点

オンラインカジノはギャンブルですので、競馬や競艇などの公営ギャンブルのように年齢制限が設けてあります。
年齢制限に引っかかる場合には、登録したところで、実際にお金を使った入出金はできませんし、最終的には必ずバレてしまいます。

ここで注意したいのが、オンラインカジノによって年齢制限が異なるということで、1つのオンラインカジノに登録できても、別ではできないケースがあります。
そこで今回の記事では、オンラインカジノによって異なるアカウント登録可能な年齢制限と注意点について詳しく解説していきますので、初めてオンラインカジノへ登録される方の参考になれば嬉しいです。

オンラインカジノにより異なる年齢制限

オンラインカジノにより異なる年齢制限
オンラインカジノの年齢制限は、各オンラインカジノによって異なり、ライセンス発行国の「未成年者の基準」によって決まります。
例えばベラジョンカジノでは20歳以上ですが、ラッキーニッキーカジノや旅カジでは18歳以上となっています。

各オンラインカジノの利用規約にしっかりと明記されていますので、新規登録時には必ず確認するようにしましょう。
ここで気になるのが、「18歳の高校生はオンラインカジノで遊べるのか?」ということです。

残念ながらいくら18歳以上の年齢制限のオンラインカジノでも、高校生の利用はできなく、卒業式を迎える3月31日以降まで待つ必要があります。
ただし同じ18歳の学生でも、専門学校生や大学生でしたら問題ありません。

年齢制限に引っかかる未成年者がオンラインカジノで遊ぶ方法

年齢制限に引っかかる未成年者がオンラインカジノで遊ぶ方法
年齢制限に引っかかる未成年者でも、オンラインカジノで遊ぶ方法が2つあります。
まず「無料モード」を利用することで、多くのオンラインカジノではログインすることなくアクセスが可能ですので、自由に遊ぶことができます。

無料モードで使われるのは架空のチップであり、勝利することで数字は増えていきますが、実際にキャッシュとして出金することはできません。
もちろんリアルモードと全く同じ演出ですので、いつかお金を賭けてオンラインカジノで遊びたい未成年者には大変おすすめです。
ただしライフゲームや一部のゲームは無料モードに対応していませんのでご注意ください。

そしてもう1つが「他人のアカウントを使用する」ですが、これは紛れもない利用規約違反であり、日本の法的にも違法行為となります。
他人のアカウントを使用して遊んだ未成年者にペナルティは無く、罰せられるのはアカウントを貸した人です。

アカウントの凍結や勝利金の没収など重いペナルティを受ける異なるだけでなく、法律上、賭博法に抵触し、逮捕されてしまう可能性があります。
自分だけならまだしも、他人に迷惑をかけることになりますので、他人のアカウントを使用することは絶対に避けてください。

年齢を偽っても結局バレる


確かにオンラインカジノの新規登録時に、年齢を偽って登録することは可能です。
しかし年齢を偽ったとしても、最終的には結局バレてしまいます。
オンラインカジノでは勝利金を出金する際に、必ず運転免許証やパスポート、住民票などの身分証明書の提示が必要になります。

身分証明書には当然生年月日が明記されているため、提出した時点で新規登録時の年齢詐称が明らかになります。
言い逃れは一切できなく、瞬時にアカウントが停止され、その後も同一の名前で永久的に登録することができなくなります。

さらに勝利金と入金額全てが没収となり、返金を求めても対応してくれません。
ここで注意したいのが、新規登録時は未成年者で、出金時に年齢制限をクリアしていた場合です。
そもそも新規登録自体、未成年者はできないのですから、身分証明書の提出時に「未成年の時に登録した」という事実が判明することで、同じようにペナルティが課せられます。

オンラインカジノでは、所有するライセンス規約に従い厳しく運営しているため、年齢を偽ったところで100%必ずバレてしまいます。
オンラインカジノで遊びたい気持ちはわかりますが、実際のお金を賭ける以上、必ず年齢制限を満たしてから登録しましょう。

まとめ

今回は、オンラインカジノによって異なるアカウント登録可能な年齢制限と注意点について詳しくまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
オンラインカジノの年齢制限は、18~21歳までと様々で、各オンラインカジノが所有するライセンスによって違いがあります。

日本では成年であったとしても、オンラインカジノによっては未成年者と判断され、登録することができないケースもありますのでご注意ください。
どうしても未成年者がオンラインカジノで遊びたい場合には、お金を賭けずに遊べる無料モードを利用しましょう。

ログインせずに遊べるオンラインカジノも多いので、将来の練習を兼ねて遊んでみるのも面白いかもしれません。
お金を賭けたいからと言って、未成年者が他人のアカウントを使って遊んではいけません。

これはオンラインカジノの規約違反にもなりますし、日本の法律にも抵触します。
また年齢を偽って登録しても、結局身分証明書の提出でバレてしまいますので、ここはグッと我慢して、無料モードで遊ぶ程度にしておきましょう。