ベラジョンカジノはギャンブル依存症になりにくいって本当?

オンラインカジノの中でも、日本人ユーザーが多いのがベラジョンカジノになります。

オンラインカジノといえばベラジョンカジノという人もいるほどの認識の広さと、日本人専用のVIPシステムや日本語サポートなども充実しているので、初心者でも楽しくプレイできるのも人気につながっています。

ベラジョンカジノは健全な運営を目指していることを公言しており、ギャンブル依存症に対しても真摯に向き合っているオンラインカジノになります。

ベラジョンカジノで出来るギャンブル依存症対策とは?

ベラジョンカジノで出来るギャンブル依存症対策とは?
ベラジョンカジノではギャンブル依存症対策として、いくつかの制限システムを導入しています。

①オンライン制限
オンライン制限は1度のログインで、何時間までベラジョンカジノで遊べるかなどを設定できます。
例えばこの時間設定を3時間にした場合には、13時にログインしたならば16時には強制シャットダウンされるようになります。

この時間制限は24時間後に解除できるようになるので、一日の制限時間を作りたい人にうれしいシステムになります。

②入金額の設定
1日、1週間、1か月で入金上限を設定できます。
期日内に上限になった場合には、これ以上入金ができないメッセージが表示されて、追加入金はできなくなります。

こちらは使い過ぎ防止として、1週間や1か月で軍資金を事前に入金し、それ以上の入金はできないように利用しているユーザーも多くなっています。
この入金制限は、自分でも解除できますが実際に反映されるまでには7日ほどかかるので、設定する際には、その部分を頭に入れておくことも大事になります。

③ロス制限
ベラジョンカジノの独自システムの一つが、このロスシステムになります。
ロスシステムは設定することで、その金額にロスが達することで、翌日までのプレイができなくなります。
週末ユーザーなどで、導入している人が多いのも特徴になっています。

ロス設定を300ドルにした場合、利益が500ドルで出てロスが300ドルならば問題がないと思いがちですが、この状態でも制限が発動します。

利益が多くてもロスの金額に達した場合には、ログインが遮断され、利益分を利用するということもできなくなります。
利益を増やすことも出ませんが、追加のロスを出すこともないシステムになるので、ヒートアップする人にもおすすめのシステムになっています。

このロス制限も、解除申請をした後反映されるのは7日後になります。

④ログイン制限
ログイン制限は設定した期間内は、プレイできなくなります。
「7日間」「30日間」「6ヶ月」の場合には、その期限が過ぎるまで一切のログインができなくなります。

ベラジョンカジノでは、このほかに「永久ログイン制限」があります。
これは退会処理とも違い、今後どのような理由でもベラジョンカジノにログインできなくなるものです。
虚偽のデータなどで入会した場合にも、データの一致が出た瞬間にログイン制限が発動するようになっており、究極のギャンブル依存症対策になっています。

退会処理との違いとして、退会処理は退会後に内部のデータがすべて消えますが、再度入会することは可能です。
その際にも、以前の入会時の口座や電子決済などを登録しても、何の問題もなく新規ユーザーとして登録されるようになっています。

永久ログイン制限は内部にデータが残ったままなので、虚偽のデータなどで一致点が出た段階で、ログイン制限が実行されます。

海外では日本よりもギャンブル依存症が深刻な問題であり、このような離宮ログイン制限などが存在するようになっています。

ベラジョンカジノは様々なサポートを準備してくれている

ベラジョンカジノは様々なサポートを準備してくれている
このように、ベラジョンカジノはギャンブル依存症対策を組み合わせてカスタムすることで、個人に合ったものとして節度のあるプレイをできるようにしています。

本来はこのような制限などを作らずに、クジレットなどを多く決済させたほうがベラジョンカジノとしては、大きな利益が得られるのですが、制限を準備しているのはギャンブルを楽しんでほしいという部分があるからになります。

ユーザーと一緒に環境を作り上げていくのがベラジョンカジノ

ユーザーと一緒に環境を作り上げていくのがベラジョンカジノ
ベラジョンカジノはユーザーからの意見を多く取り入れており、反映なども早いことでも有名です。
よりギャンブルを気軽に楽しめるように、日本語のサポートはもちろんですが、銀行からの出金なども対応しており、ユーザーの声をしっかりと取り入れてくれています。

2012年設立のオンラインカジノの中でも、老舗にはいりますが常にアップデートと新しいスロットやライブバカラなどを取り入れており、常に最先端を走る大手カジノでもあります。

熱くなりやすい、なかなかやめられないけどオンラインカジノが気になるという人は、ベラジョンカジノの制限システムを組み合わせることで、純粋にギャンブルを楽しむこともできます。
ベラジョンカジノが、日本人になぜ人気なのかも、納得できるシステムといってもいいかもしれません。

オンラインカジノ!アカウント登録可能な年齢制限と注意点

オンラインカジノはギャンブルですので、競馬や競艇などの公営ギャンブルのように年齢制限が設けてあります。
年齢制限に引っかかる場合には、登録したところで、実際にお金を使った入出金はできませんし、最終的には必ずバレてしまいます。

ここで注意したいのが、オンラインカジノによって年齢制限が異なるということで、1つのオンラインカジノに登録できても、別ではできないケースがあります。
そこで今回の記事では、オンラインカジノによって異なるアカウント登録可能な年齢制限と注意点について詳しく解説していきますので、初めてオンラインカジノへ登録される方の参考になれば嬉しいです。

オンラインカジノにより異なる年齢制限

オンラインカジノにより異なる年齢制限
オンラインカジノの年齢制限は、各オンラインカジノによって異なり、ライセンス発行国の「未成年者の基準」によって決まります。
例えばベラジョンカジノでは20歳以上ですが、ラッキーニッキーカジノや旅カジでは18歳以上となっています。

各オンラインカジノの利用規約にしっかりと明記されていますので、新規登録時には必ず確認するようにしましょう。
ここで気になるのが、「18歳の高校生はオンラインカジノで遊べるのか?」ということです。

残念ながらいくら18歳以上の年齢制限のオンラインカジノでも、高校生の利用はできなく、卒業式を迎える3月31日以降まで待つ必要があります。
ただし同じ18歳の学生でも、専門学校生や大学生でしたら問題ありません。

年齢制限に引っかかる未成年者がオンラインカジノで遊ぶ方法

年齢制限に引っかかる未成年者がオンラインカジノで遊ぶ方法
年齢制限に引っかかる未成年者でも、オンラインカジノで遊ぶ方法が2つあります。
まず「無料モード」を利用することで、多くのオンラインカジノではログインすることなくアクセスが可能ですので、自由に遊ぶことができます。

無料モードで使われるのは架空のチップであり、勝利することで数字は増えていきますが、実際にキャッシュとして出金することはできません。
もちろんリアルモードと全く同じ演出ですので、いつかお金を賭けてオンラインカジノで遊びたい未成年者には大変おすすめです。
ただしライフゲームや一部のゲームは無料モードに対応していませんのでご注意ください。

そしてもう1つが「他人のアカウントを使用する」ですが、これは紛れもない利用規約違反であり、日本の法的にも違法行為となります。
他人のアカウントを使用して遊んだ未成年者にペナルティは無く、罰せられるのはアカウントを貸した人です。

アカウントの凍結や勝利金の没収など重いペナルティを受ける異なるだけでなく、法律上、賭博法に抵触し、逮捕されてしまう可能性があります。
自分だけならまだしも、他人に迷惑をかけることになりますので、他人のアカウントを使用することは絶対に避けてください。

年齢を偽っても結局バレる


確かにオンラインカジノの新規登録時に、年齢を偽って登録することは可能です。
しかし年齢を偽ったとしても、最終的には結局バレてしまいます。
オンラインカジノでは勝利金を出金する際に、必ず運転免許証やパスポート、住民票などの身分証明書の提示が必要になります。

身分証明書には当然生年月日が明記されているため、提出した時点で新規登録時の年齢詐称が明らかになります。
言い逃れは一切できなく、瞬時にアカウントが停止され、その後も同一の名前で永久的に登録することができなくなります。

さらに勝利金と入金額全てが没収となり、返金を求めても対応してくれません。
ここで注意したいのが、新規登録時は未成年者で、出金時に年齢制限をクリアしていた場合です。
そもそも新規登録自体、未成年者はできないのですから、身分証明書の提出時に「未成年の時に登録した」という事実が判明することで、同じようにペナルティが課せられます。

オンラインカジノでは、所有するライセンス規約に従い厳しく運営しているため、年齢を偽ったところで100%必ずバレてしまいます。
オンラインカジノで遊びたい気持ちはわかりますが、実際のお金を賭ける以上、必ず年齢制限を満たしてから登録しましょう。

まとめ

今回は、オンラインカジノによって異なるアカウント登録可能な年齢制限と注意点について詳しくまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
オンラインカジノの年齢制限は、18~21歳までと様々で、各オンラインカジノが所有するライセンスによって違いがあります。

日本では成年であったとしても、オンラインカジノによっては未成年者と判断され、登録することができないケースもありますのでご注意ください。
どうしても未成年者がオンラインカジノで遊びたい場合には、お金を賭けずに遊べる無料モードを利用しましょう。

ログインせずに遊べるオンラインカジノも多いので、将来の練習を兼ねて遊んでみるのも面白いかもしれません。
お金を賭けたいからと言って、未成年者が他人のアカウントを使って遊んではいけません。

これはオンラインカジノの規約違反にもなりますし、日本の法律にも抵触します。
また年齢を偽って登録しても、結局身分証明書の提出でバレてしまいますので、ここはグッと我慢して、無料モードで遊ぶ程度にしておきましょう。