オンラインカジノの決済方法は、クレジットカード以外にも多くのものがあります。
電子マネーなどの電子決済や最近では仮想通貨もその手段に加わるようになりました。
そんな電子マネーや仮想通貨の、オンラインカジノにおける決済手段としての代表は、エコペイズとビットコインです。

今回、このエコペイズとビットコインではどちらがおすすめなのか、あるいはそれぞれどんな人がおすすめなのかといった話題を中心にお話しします。
また、迷った場合についても触れていきながらまとめました。
これを読めばきっとそれぞれの決済方法について知ることができるでしょう。

ビットコインとエコペイズはどちらがおすすめか

ビットコインとエコペイズはどちらがおすすめか
結論を言えば、それぞれ長所があり、一概には言えません。
しかし、それぞれに向いている人というケースは存在します。
こういった話題に触れる前に、まずそれぞれの決済方法について紹介していきましょう。

エコペイズはイギリスの電子決済サービスで、現地のライセンスも取得している電子マネーを取り扱っています。
アカウント口座を作成し、そこに電子マネーをチャージしてアカウント口座からオンラインカジノへ入金を行うのが特徴です。
オンラインカジノからの出金もアカウントのIDとパスワードで簡単にできる決済手段でもあります。

一方ビットコインは、仮想通貨を知らない方でもその名前を聞いたことがある、最も知名度の高い仮想通貨です。
オンラインカジノへの普及率は急速に高くなっており、ウォレットや仮想通貨取引所の口座からオンラインカジノへ入出金できるようになってきています。
入金時は、オンラインカジノのアドレスをコピーして、口座やウォレットから送金します。
出金する際は、反対にこちらのアドレスをオンラインカジノのアドレス入力欄に入れて金額を入力して受け取る仕組みです。

これら2つに共通しているのは、実際のお金ではなく別のポイントや仮想通貨という形で扱うということです。
それによって、従来の銀行口座への出金よりもスピーディーに出金できるメリットがあります。
そんなそれぞれの手段について向いている方法を紹介していきましょう。

エコペイズの方がビットコインより向いている場合

エコペイズの方がビットコインより向いている場合
エコペイズの方がビットコインよりもオンラインカジノの決済に向いている場合は、簡単に入金したい人、安定した相場で入出金したい人、外貨預金をしている人です。

エコペイズはアカウントを作って身元証明を行い、アカウントとパスワードを取得すれば、簡単にオンラインカジノへ入金できます。
また、仮想通貨よりも古くから決済方法に採用されているので様々なエラーなどにも対応してきたことから安定した入金が可能です。
そのため、簡単に入金したい人に向いているといえます。

安定した相場で入出金したい人にもおすすめです。
クレジットカード同様にドルで入金できるので、比較的相場が安定しています。
そのため、入金時は1ドル100円だったものが出金時は1ドル50円になってしまったということがほとんどないので安定した価格で入出金できます。

外貨預金をしている人はエコペイズを特におすすめしたい人です。
エコペイズはユーロで運用されており、ユーロであれば非常に安い手数料で日本の銀行口座に出金できます。
そのため、もし銀行口座でユーロの口座を持っている人、興味があって作ってみたい人は特におすすめの決済方法です。

ビットコインの方がエコペイズより向いている場合

ビットコインの方がエコペイズより向いている場合
ビットコインの方がオンラインカジノの決済手段としてエコペイズより向いている人として、ビットコインを扱う口座を持っている、オンラインカジノの後に相場でもう一度増やすチャンスが欲しいといった場合です。

ビットコインの口座を持っている人はビットコインがおすすめです。
エコペイズを新たに口座開設するよりもずっと簡単に始められるのがその理由になります。
もし、ビットコインの口座を作りたいと考えている人がいれば、その人もおすすめといえるでしょう。

ビットコインの相場でもう一儲け頑張りたい人もおすすめです。
ビットコインは相場が不安定なので、デメリットに感じることもあります。
しかし、逆に増える可能性もあるので、もう一儲けできるチャンスも見逃せません。
こういったケースも気にならない人はおすすめです。

迷ったときはエコペイズもビットコインも両方使ってみる

ビットコインもエコペイズも向いていなさそう、あるいはどちらも向いているから迷っている、そういった場合は思い切って両方試してみるのもおすすめです。
いきなり高額な入出金をするのではなく、最低入出金額で試してみるのです。
その上で自分に合った決済方法はどちらか、おのずと分かってくることも多いのではないでしょうか。

どちらも一長一短あり、完全におススメというものはありません。
しかし、迷ったときはどちらか使ってみることで自分にとってのベストが見つかるはずです。
まずは、それぞれのアカウントを作って、実際に利用してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。