日本では納税の義務が定められており、収入に対して一定の税金を納めなければそれは違法行為となります。
仕事や副業などで得た収入に対してはもちろん、パチンコや競馬、競艇などで勝った勝利金に対しても税金の対象となります。

実際にギャンブルの勝利金を納税している人は少ないようですが、万が一未納がバレてしまうと遅延金やその他様々なペナルティが課せられることもあります。
それでは海外に拠点のあるネットカジノの場合はどうでしょうか?
ネットカジノの勝利金も税金の対象となるのか気になるところです。

そこで今回の記事では、ネットカジノで稼いだ勝利金を納税せずに放置することで違法性は問われるのかについて詳しく解説していきます。
知らなかったでは済まされないケースもありますので、是非参考にしてみてください。

勝利金に対しては納税義務がある

勝利金に対しては納税義務がある

ギャンブルの勝利金は一時所得に分類されるため、ギャンブルのジャンル問わず勝利金には税金が発生します。
つまりネットカジノの勝利金も一時所得として納税する義務があります。

ここで注意したいのは、一時所得というのは、収益が発生したタイミングで納税対象となり、年間の合算ではありません。
年間の収支がマイナスであったとしても、一度でも勝利した日があった場合には、その時点で税金を納めなければいけないのです。
負けた日を経費として計上することはできませんのでご注意ください。

ただし一時所得には特別控除があるため、年間で50万円以下でしたら税金を支払う必要はありません。
つまり年間で50万円以上の収益が発生したタイミングがある場合には、翌年の確定申告時に申告する必要があります。

放置しても税務署にバレる

「パチンコでもバレたことが無いからネットカジノの税金もバレないだろう」と所得を隠そうと思っている方も多いかと思いますが、それは止めておいた方がいいでしょう。
確かにパチンコの場合は現金手渡しであるため、バレることはありませんし、競馬も窓口を利用することで勝利金を隠すことも可能です。

しかしネットカジノの場合、入出金は全て銀行振込やオンライン決済サービスを使う必要があるため、隠そうと思ってもバレてしまうのです。
特に銀行では、個人口座であっても一定金額の入出金があった場合、税務署にその事実を報告する義務があります。

このことからたとえネットカジノの収益を放置しようと考えても、税務署にバレてしまう可能性は十分にありえることです。
あとになって後悔しないためにも、「バレないだろう」と所得を隠すことなく、きちんと納税の義務を果たすようにしましょう。

放置しても税務署にバレる

所得隠しはれっきとした違法行為

税金未納には、大きく分けて「申告漏れ」「所得隠し」「脱税」が挙げられ、それぞれペナルティの度合いに大きな違いがあります。
申告漏れというのは、つまり確定申告時に間違った金額で申告してしまい、それを指摘された際に適用され、基本的には10~15%の課税で済みますが、もしそれが意図的な申告漏れだった場合には、15~20%に上がります。

単なるミスなのか意図的なのかは税務署の判断となりますが、それがさらに悪質になるといわゆる所得隠しが指摘されます。
申告せずに所得を隠してそれがバレてしまった場合、無申告加算税や重加算税が適用され、35~40%を追加で納税しなければいけなくなります。
申告漏れならまだしも所得隠しは完全な違法行為なのです。
そして金額が数千万円や数億円と多額になることで脱税が指摘され、刑事罰の対象となりますのでご注意ください。

納税するべき所得税の計算方法

ネットカジノの勝利金を納税する際「1~12月の勝利金-支出金-特別控除額(最大50万円)=一時所得金額」という計算方法で納税額を算出します。

ただし一時所得というのは総合課税に該当するため、本業やその他副業で得た収益も合算されます。
ネットカジノとは別に収入がある場合には、きちんと合算して確定申告しなければ、所得隠しと見なされる可能性がありますのでご注意ください。

また先述しましたが、年間の収支がマイナス領域であったとしても、たった一度でも勝利した日があればその時点で納税の義務が生じます。
納得いかない部分もあるかと思いますが、法律でそのように決められている以上、逃れることはできません。

納税するべき所得税の計算方法

まとめ

今回の記事では、ネットカジノで稼いだ勝利金を納税せずに放置することで違法性は問われるのかについて解説させていただきましたが、ご理解いただけましたでしょうか?
ネットカジノの勝利金は法律上一時所得に分類されますので、50万円以上の勝利金が発生した場合には、必ず確定申告しなければいけません。

「どうせバレないだろう」と所得を隠そうと思っても、ネットカジノにおける入出金の性質上、税務署にバレてしまう可能性は十分にあります。
申告漏れ程度でしたら少しのペナルティで済みますが、それが所得隠しや脱税ともなってしまうと、多額の重加算税だけではなく、最悪刑事罰の対象となることもあります。

税務署から指摘があった場合に「ごめんなさい、知りませんでした」という言い訳は通用しなく、必ずペナルティが課せられることになります。
あとになって後悔しないためにも、ネットカジノの勝利金はきちんと納税することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。