オンラインカジノは安全だと言える理由

オンラインカジノの場合、違法性をはじめ、様々な点が気になってしまう人も少なくありません。しかし、そういった事はひとつひとつ確認する事で、オンラインカジノがどれだけ安全なものであるかと言う事がわかってくるかと思います。不安に思う点は、やはり、解消させてから行うべきだと思います。今回、そういった点を追求し、その上でオンラインカジノが安全なものであると言う事を証明したいと思います。

日本国内でオンラインカジノって、違法ではないのか?

カジノの場合、日本国内では違法行為です。その為、日本国内でカジノを運営する事も楽しむ事も今のところできません。
しかし、オンラインカジノの場合は、少し異なります。今現在、オンラインカジノにおいて法律が存在しません。と言う事は、違法でも合法でもないと言えるのです。その証拠に今までオンラインカジノを楽しんでいるからと言って摘発されたと言う事はありません。
ただし、これはあくまでも海外で運営されているオンラインカジノのみとなります。その為、オンラインカジノを行う場合は、海外にサーバーがあるか?日本で運営されているものではないか?と言う事を確認した上で楽しむ事が必要です。
また、これからの国の動向にも注意していくと安心だと言えると思います。

オンラインカジノを運営している会社って怪しくないのか?

オンラインカジノ自体、怪しいと思っている人にとっては、オンラインカジノを運営している会社も怪しいと思っても仕方がないと思います。しかし、オンラインカジノを運営している会社が怪しいと言う事は一切ありません。もちろん、中には悪徳サイトと呼ばれるようなサイトもある為、その点には注意が必要です。
その見極めとして、必ずライセンスを取得しているオンラインカジノなのかと言う事を確認してください。オンラインカジノを運営する場合、その国のライセンスを取得しなければ運営できないとされています。その為、ライセンスを取得している会社が運営しているオンラインカジノは基本的に正規のオンラインカジノと言え、安心して利用する事が可能になっています。

オンラインカジノで稼ぐことができると言うけれど、本当なのか?

オンラインカジノを利用する人の中には、純粋にカジノゲームを楽しみたいと思う人の他、やはり、カジノと言う事で一攫千金を狙っている人もいるかと思います。その為、本当にオンラインカジノで稼ぐことができるのかと言う点も重要視する人も多いのではないでしょうか。その点においても、数字で確認する事で、どれほどオンラインカジノで稼ぐことができるかと言う事を知る事ができます。

それがペイアウト率です。ペイアウト率とは「プレイヤーが賭けた金額に対して、ギャンブル運営側が支払う勝ち金の割合」のことを指します。その為、このペイアウト率の数値が高ければ高いほど、勝ちやすいと言えるのです。その証拠にオンラインカジノのペイアウト率は約97%。日本国内の公営ギャンブルである競馬・競艇・競輪が約70%。パチンコ・パチスロが約80%。宝くじが約40%となっている事から比べてもわかるように非常に高いペイアウト率となっています。

その結果、オンラインカジノは稼ぐ事ができると言えるのです。

オンラインカジノは、何歳からできるのか?

一見、ネット上で行うゲームのように思えるオンラインカジノ。しかし、賭け事に違いはありません。その為、年齢制限が設けられているのも当たり前の事です。

基本的に18歳未満の人はオンラインカジノを行う事ができません。また、オンラインカジノによっては、年齢制限を20歳未満、21歳未満に設定している場合もある為、利用する際は、各サイトの年齢制限を確認する事をお勧めします。

オンラインカジノを選ぶ際のポイントは?

オンラインカジノを選ぶ際のポイントとしては、必ず優良サイトを選ぶと言う点にあります。ネットで検索すれば多くの優良サイトを見つけることが可能な為、その中から自分にあったオンラインカジノを選ぶといいかと思います。その他、日本語サポート対応をしているオンラインカジノを選ぶとより安心です。入出金などはじめ、少し戸惑うといった事も少なくありません。そう言った場合でも、日本語サポートを受ける事ができれば、安心して質問を行う事ができ、安心です。

まとめ

以上がオンラインカジノが安全なものであると言える理由となります。少しでも不安に思う点があれば、ネットで調べてみてください。オンラインカジノの情報は数多く発信されている為、不安に思うような事でもすぐに解消する事が可能になっています。

そうして、ひとつひとつ不安要素を解消する事で、より一層、オンラインカジノの魅力を再発見する事ができ、もっと、オンラインカジノの魅力に気付く事になるかと思います。その結果、安心してオンラインカジノを楽しむ事ができ、その上で一攫千金も夢ではないと言えると思います。

快適なオンランカジノライフを手助け

アイウォレットの最低入金額は?

アイウォレットには、オンラインカジノへの最低入金額が設定されています。この設定を超えない限り、入金は行えません。オンラインカジノで利用する場合に適用される制限で、極端な少額入金を防いでいます。エコペイズにはこの制限がないため、入金額を調整しても構いませんが、アイウォレットの場合は一定額以上の入金が必要です。

最低でも20ドル入れよう

手数料なども考慮して、最低でも25ドルは口座に入れないと駄目です。そしてオンラインカジノへは、20ドル以上の入金を行います。20ドル未満になっている場合、手続きが完了しません。必要最低限に達していないと判断され、結果的に戻されてしまいます。20ドル以上を入れないと完全に終わらないことを考慮して、20ドルを超える金額を用意してください。
これはオンラインカジノに入れる額が小さいと、アイウォレットにとってマイナスとなるからです。小さい金額だけでは、オンラインカジノ側に迷惑がかかり、契約を切られる可能性もあります。アイウォレットとしては、オンラインカジノとの提携を進めたい狙いもあるので、現在あるオンラインカジノに迷惑をかける事は避けたいのです。
最低でも入れないと駄目な金額が設定されて、それ以上の数字に設定することを要求されますが、基本的にオンラインカジノには100ドル以上はほしいところです。そのため20ドルという制限は、基本的にないも同然レベルと考えてもいいでしょう。

設定額以下の入金を繰り返すのは危険

オンラインカジノに20ドル未満で入れたいと思っても、そもそもアイウォレットが認めていないので不可能です。そしてアイウォレット側が何度も繰り返す場合、一時的に凍結することもあります。アカウントで入金ができないように設定変更し、一定期間が解除されてから再度使えるようにします。これはアイウォレットがトラブルを防ぐために行うもので、オンラインカジノで必要最低限も入れないユーザーを止める狙いがあります。
決めている額より入れてくれないと、アイウォレットとしては困るわけです。それなのに手続きを止められるくらい、何度も続けられることは大変です。もしかしたら不正に手続きをしている可能性があるので、オンラインカジノへ入れずにアカウントを凍結します。こうして不正に利用されていることを防ぎつつも、アイウォレットにとってマイナスのトラブルが起こらないようにしています。

アイウォレットから送金完了までの時間

送金時間が意外と長い傾向にあるアイウォレットですが、実際には15分程度です。エコペイズはもっと早い傾向にあるので、アイウォレットが遅いように感じるのは仕方ないことです。もし15分経っても入金手続きが完了しない場合、間違っていた可能性もあります。15分は待つようにして、それから確認してもおかしいようなら確認をしておきます。

15分後までに入らない場合の処理

もし15分経過しても入っていないと思われるなら、まずはもう少し待つことも考えます。30分もあれば入るだろうという気持ちを持っていることがいいのです。しかし30分経過しても入らない場合、オンラインカジノのアカウントを間違えていた、オンラインカジノ自体の情報が違う、アイウォレットのトラブルが想定されます。そのためしっかりした対応を取り、アカウントにお金を戻すことを考えます。
アカウント番号が異なっていたケースでは、オンラインカジノに間違って入った可能性もあります。これは取り戻すことができません。一応オンラインカジノ側に通知して、間違って入れたことを告げれば、アカウントの処理を行って戻してくれる可能性はあります。ただ確率は低いので、間違ったらどうしようもない状況も生まれやすいです。
次にオンラインカジノを間違えてしまった場合、こちらもアカウント番号と同様に処理されます。オンラインカジノの間違いによって、アカウント数が少ない場合は返ってくる可能性もあります。ただアカウントの作り方は、ジパングカジノとカジノジャンボリーでは大体似ていますから、間違えてしまっても戻ってこない可能性が高いです。
最後にアイウォレットのトラブルは、処理されていない可能性があります。もう1度アカウントを確認して、入金手続きがされているか調べてください。もし入金手続きがされず、お金が戻っているようなら間違えた可能性もあります。

15分という時間をしっかり考えよう

意外と長いようで短い15分は、待っていることが意外と辛いです。でもアイウォレットを使っている以上は、待たないと駄目なのです。オンラインカジノに入れるまでに時間がかかることは、ある程度承知の上で使ってください。
15分を経過して、何ら変わっていないことがわかれば、トラブル発生と判断できます。30分も経過して何も行われないなら、間違いなく失敗しています。オンラインカジノ側への問い合わせを行うと同時に、アイウォレットにも相談しておきましょう。

毎月10万以上の不労所得を得る方法!

さて、どこぞの勧誘メールみたいな表題からこんにちはだwwww

オンラインカジノ自体はいろんなゲームがあるのでさすがに誘惑が多いが、本場のカジノと違って、じっくりと攻略法をマスターして組み合わせていけば
パチンコやパチスロなんかするより、よっぽど稼げてしまうから、あながち間違ってはないがなw

オレ様がまだ若くてバカだったころ、お前らと同じようにパチンコやパチスロに明け暮れたw

勝つために何万円もする攻略法を勝ってみたりもした・・・w

しかし、経験のあるお前らならわかると思うが何万円もする「攻略法」と呼ばれるものが
結局は詐欺のようなクソ商材で何の役にもたたなかったことを覚えている。

その点を考えるとカジノやオンラインカジノの攻略法と呼ばれるものは
本来、攻略法ではなく数学的な確率論から成り立っているのがほとんどなので
勝ち負けは別として本当に使えるものだということを知った時は驚愕だった。

まぁ、それでも使うか使わないかは別ものだし、オンラインカジノの存在を知らない人間は
情報として知ることすらなく、今までと同じようにパチンコやパチスロでお金を使っていくわけだ。

パチンコやパチスロを否定する気はオレ様には一切ない!!!
あのクオリティーの高いグラフィックに日本人を虜にするゲーム性!!
正直言って世界のどの国においても熱狂するだろうと思っている。
ただ、「お金を稼ぐ」という論点においては完全に不向きだと考えているし、お金を稼ぐという論点に於いてはオンラインカジノに勝つ者は無いと思っている。

オンラインカジノってのは、実際に海外のカジノに足を運ばなくても
インターネットを通じてバカラ・ブラックジャック・ポーカー・ルーレットなどの
カジノゲームを実際にお金を賭けてプレイすることの出来るものだと言えば、
無知なお前らでもなんとなくぐらいは理解できるんではないか?!(笑)

あんまり詳しくは知らないが、オンラインカジノは1990年代ごろに誕生したものらしく
ギャンブルとしての歴史はパチンコやパチスロなどと比べてまだまだ浅いもんらしいのだが
その短期間でドンドンと急成長をしてきてる業界らしく、今では上場している会社もあるほどだ。

まぁ、猜疑心の強いお前らのことだから「インターネットでギャンブなんて怪しいんでしょ?」とか
どうせ思ってるんだろうが、オンラインカジノを運営するには合法とされている国の政府発行の
ライセンスが必要だったり、第三者機関と呼ばれるプレイヤーにとって公平性をチェックする機関に
常にチェックされていたりとなんやかんやでかなりシビアな環境でないと無理らしいwww

しかも、最近ではギャンブル大好きな日本人の為に日本人向けのオンラインカジノサービスも
ドンドンと増えてきており英語ができなくても安心してプレイする事が出来る様になっている。

肝になる入出金やサポートに関しても各オンラインカジノサイトごとにしっかりとしており
プレイするに当たってそんなに不都合を感じることはほとんどないようなまおんだ。

オンラインカジノが人気になってきた背景には「還元率の高さ」がよく挙げられるのだが、
日本で行えるギャンブルの還元率に対してのオンラインカジノの還元率は圧倒的い差がある。

さっくりとまとめてみるが、

・宝くじ・・・50%ぐらい
・競馬・競艇・・・70%ぐらい
・パチンコ・パチスロ・・・80%ぐらい

なのに対して、オンラインカジノは脅威の95%~98%という高さなのである。

これは同時に「負けにくいギャンブル」ということを証明しているわけだから
頭のいいギャンブラーがオンラインカジノに移動してきと考えれば納得できるだろうw

また、オレ様のこのブログでも紹介するが攻略法や必勝法と呼ばれるような数学的理論に
基づいたベット方法を駆使する事によってゲームによっては更に勝率が上がったりもするわけだ。

まぁ、ながながと書いてもお前らが理解できる用になるまでには結構な時間がかかるだろうから
まずはオンラインカジノサイトで用意されている無料プレイでいろんなゲームを楽しんでみて
興味を持つたり自信を持つことができたらリアルマネーを賭けて勝負してみればいいだろう。

なにごとも頭で理解するよりも体感してカラダで覚えた方が早いからなwwww

その為にジパングカジノとかに登録し無料ゲームでオンラインカジノがどんなもんか経験しておくと基礎知識が上がっていいだろう!

色んなカジノについて好きに書いてみる

21Novaカジノ

21nova
USAカジノ、またユーログランドカジノ、ダイアモンドクラブカジノ、そしてアンバーコーストカジノの運営をしている会社が運営しているカジノ。
上記のサイトを拝見しても分かるかと思いますが、とてもシックな形式で、とても大人らしい雰囲気になっています。
本場ラスベガスでカジノの雰囲気を大切に取り入れているので、本場のカジノのそのものの雰囲気に触れてみたい方にはお勧めです。
様々なカジノサイトが存在していますが、その入り口であるカジノサイト事に、そこではそれぞれの個性もあり、またそこのサイトの雰囲気もよくなっています。
また中でもこのロビーがとてもいいのです。
高級感もありまたセレブにはなれた感覚(?)。
またジャズが流れており、またそれがぴったりといい雰囲気なっているのです。
オンラインカジノでの雰囲気も大切になります。
それによりモチベーションの向上も望めます。
その様な雰囲気を重視している方達にぴったりと合うカジノサイトになります。
アンティグア政府でのライセンスにより運営されているので、とても安心安全にプレイ可能になります。
当然とそこでは日本語完全対応になっています。
またサポートについても、24時間年中無休になっています。
そしてここで運営されているオンラインカジノは、日本人が良くジャックポットを当選させています。
ここのゲームはとても面白いです。
そしてゲームの種類については、基礎となるカジノゲームの(スロットやテーブルゲーム、ポーカーなど)定番ですが、その他に、ボーリンクや腕相撲、またダーツ、ダービー等、とても多くのゲームがあるのです。
とても面白いですよ。
またプレイテック社独特の生中継ライブゲームも存在して、そこではグラフィックがかなり鮮明且つ綺麗なので、ディーラーの方(女性の方)と相対する時にはとてもドキドキする事もあります。
そしてその操作性については、ソフトの読み込みもとても早くなっているのでイライラ感も無くなります。
また無料ゲームがいくつかあり、当然と無料でプレイ可能なゲームがたくさんありますので、すぐに遊ぶことが可能になっています。
またサポート対応の良さもいいのです。
そこは24時間年中無休で対応して貰え、また電話(フリーダイヤル)、FAX、Eメール、そしてチャットなども全て日本語対応になっています。
電話についてはいつも日本人の方達が対応してくれ、またメールの対応も素早くなっています。

オムニカジノ

オムニカジノ
オンラインカジノで、世界中のユーザーから信頼されているオムニカジノオンラインは、ピークインタラクティブN.V..という会社の運営するカジノサイトです。
特徴といえば、そのクオリティは業界最大手と言われるプレイテック社のソフトウェアが使われており、そのコンテンツは多数。カジノゲームの定番ジャックポットやバカラなどのクオリティの高さにも定評があります。
キャンペーンやボーナス特典も豊富に用意されており、未だに利用者数を増やし続けている人気カジノサイトであるといえます。
本来カジノサイトでは日本円をドルやユーロに換金してゲームを行うものなのですが、オムニカジノオンラインでは日本円をそのまま賭けてゲームをプレイすることができます。
日本円をそのまま使用できるのはこのサイトだけになっていますので、ここはぜひチェックしておいて間違いないと思います。
当然ドルやユーロでもゲームをプレイすることができますので、好きな形でゲームをプレイするといいのではないでしょうか。
ドルとユーロのレートを見ながら、換金率のいい時に取り引きをするのも海外のカジノサイトを利用する面白さがあるというものです。本来カジノは、日本での運営は賭博法で禁止されています。
日本での運営は禁止されていますのでオンラインカジノを日本で利用するためには海外の金融機関の講座が必要となります。
しかしその利用には、高額の手数料が取り引きごとにかかってしまいますので、頻繁に利用するのが難しくなります。
しかしオムニのサイトではクレジットカードの利用ができますので、比較的スムーズに入金処理を行うことが可能となります。
利用できるクレジットカードにはVISAやMasterCard、Dinersclubなどもあります。
それらのクレジットカードは日本でもよく聞く銘柄ですから誰しもどれか一枚は持っているのではないでしょうか。
オムニカジノがユーザーの信頼と支持を受け続けているのにはこのカジノサイトの保有ライセンスにもその理由か隠されています。
オムニカジノはカジノ運営に欠かせないライセンスをこの業界の中でも取得が困難で有名なオランダ領キュラソー政府発行のオンラインゲーミングライセンスを取得しています。
その設立から30回以上の受賞歴があるというのも頷けるというものです。
海外のサイトにアクセスしてのオンラインカジノ利用なのですから、信頼のおけるライセンス保有のカジノサイトであるオムニカジノは安心して利用できるオンラインサイトの一つであることに違いないということなのです。